May 11, 2009

初めて人のミニトマト解説 2

前回の続き。
10日程まえに植えた苗はしっかりと根を張ったようで、生き生きとしています。

0905111

適当に土が乾いたら水をやるぐらいで(雨のあたるところに置いてあるのであまり手はかかりません)
植えた後は手を加えていません。

前回、取り去った脇芽はまた伸び始めました。
ので、前回同様に取り去ります。

ただミニトマトの場合、主枝の他にもう一本脇芽を伸ばして、2本立ち(そういう言い方をします)にしたいので、最初の花芽の下にあるしっかりした脇芽をひとつだけ残して伸ばして行く事にします。

0905112_2

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 02, 2009

初めて人のミニトマト解説 1

野菜栽培の初心者の方向けブログ

培養土の袋栽培をいっぺんやって見る。

個人的には土嚢袋の方が水はけの面からもいいとは思うのですが、それすら面倒な方のために培養土の袋に直接植え付ける方法を解説。

用意したのは14ℓの培養土。
(20ℓがあったらそっちの方がよりベスト)

それに買って来たミニトマト苗を植え付ける。
培養土の袋には下の方にキリで穴を開けておく事を忘れずに。

0905021

なぜミニトマトかというと、この手の袋栽培ではミニトマトが一番収穫する量が多いので満足感が得られるので。大根1本作ってもそんなに嬉しくないでしょ。
次々と実がなるのでしばらく楽しめます。

で、最初の作業は「芽かき」
トマトはほっとくとあっちこっちから脇芽がでて収拾がつかなくなります。なのでこの「芽かき」という作業が重要になってきます。

0905022_2

葉っぱが枝分かれした所から出る脇芽を出て来たらすぐにむしり取ります。
ハサミはウィルスを媒介してしまう恐れがあるので極力使いません。
小さいうちにむしりましょう。
また煙草を吸った後の指ではいじらない方が無難です。
病気になる恐れがあります。

そして脇芽が取れたら、たっぷりと水をあげましょう。

つづく・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)