« 桜 | Main | 今年もバカ殿花見!! »

March 07, 2010

最後のお別れ

2年程前のある日の会話

「最後のお別れの時、納棺する時にねえ、ご遺体の回りにお花とかを供えてあげるでしょ? その時にねぇ、ひとがたを脇に挟んであげるんよ」
「ヒトガタ?ですか」
「そう。白の木綿の生地、10センチくらいの布地にね、脱脂綿を丸めて入れて、てるてるぼうずみたいにするんよ」
「はあ」
「そして頭を作って木綿糸で首んところ、くるくるって結んであげるの」
「はい」
「あっ最後んとこは結んじゃ駄目。引きちぎる様にして切るの。それをね家族の分だけ作っときなさい。そして一人一人がそのひとがたで身体こすって、どうぞ悪い所持って行って下さいってお願いするの。それをね、ご遺体の脇の下に挟んであげるの。」
「はぁ」
「で、挟む時に『みんな一緒だからね、大丈夫だからね』って声かけてあげるの。
あのね、向こうの世界に行くときね、暗ぁ〜いトンネルみたいなとこ通るんよ。でね、ああ怖いって、こう、(両手を握り、手を前で合わせる仕草)きゅ〜ってなるんよ。その時ね脇の下にそのてるてる坊主みたいのがあるとね『あぁみんな一緒なんだ、大丈夫だ』って思うんよ。」
「ほほぅ」
「不安でね、弱い人はね、そういうのがないと、そこで『あぁ怖い、一人じゃ行きたくない』って誰か連れて行っちゃうことがあるのよ。よく身内が続けて亡くなることがあるでしょう? 怖いから連れてってちゃうの、それが結構多いんよ」
「ふぅむ」
「亡くなって、向こうに行く人の為にも、こっちに残る家族の為にも作って脇に挟んであげなさい。」
「判りました。その時にはやってみる事にします。」

100206

|

« 桜 | Main | 今年もバカ殿花見!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36407/47752313

Listed below are links to weblogs that reference 最後のお別れ:

« 桜 | Main | 今年もバカ殿花見!! »